ただ今実施中のプロモーション | 詳細はこちら >>
9944
AICAR
Activators & Inhibitors
Chemical Modulators

AICAR #9944

Reviews ()
Citations (0)
AICAR: Image 1

Western blot analysis of extracts from C2C12 cells and SKN-MC, untreated (-) or treated with AICAR (+) at 2mM for 24 hours, using Phospho-AMPKα (Thr172)(40H9) Rabbit mAb #2535 (upper), AMPKα Antibody #2532 (middle), and β-Actin (D6A8) Rabbit mAb #8457 (lower).

Product Usage Information

This product is for in vitro research use only and is not intended for use in humans or animals. This product is not intended for use as therapeutic or in diagnostic procedures. AICAR is supplied as a lyphophilized powder. For a 75mM stock, reconstitute the 25 mg in 1.29 ml sterile diH20. Heating to 37C and/or additional vortexing may be required. Working concentrations and length of treatment can vary depending on the desired effect, but it is typically used at 0.5-2mM for 30 minutes-24 hours.

Please note: Appearance of AICAR solution should be a clear to yellow/brown solution without precipitation. If precipitation is observed, warm tightly capped vial at 37C until AICAR goes into solution. Agitation of warmed solution by vortex may be necessary.

Storage

Store solution at -20ºC. Protect from light. Use within 12 months to prevent loss of potency. Aliquot to avoid multiple freeze/thaw cycles.

Product Description

Molecular Weight 258.23 g/mol
Purity

>99%

Molecular Formula

C9H14N4O5

CAS 2627-69-2
Solubility Soluble in DMSO at 40mg/ml and H2O at 20mg/ml.

Background

AICAR (5-Aminoimidazole-4-carboxyamide ribonucleoside) is an adenosine analog taken up by muscle and phosphorylated to form 5-aminoimidazole-4-carboxamide-1--D-ribofuranosyl-5'-monophosphate (ZMP), which stimulates AMPK activity and glucose transport in skeletal muscle (1). AICAR has been used in studies measuring glucose uptake, diabetes and insulin resistance, and energy regulation during exercise. AICAR acts by entering nucleoside pools and significantly increasing levels of adenosine during periods of ATP breakdown (2).

  1. Sakoda, H. et al. (2002) Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab. 282, E1239-E1244.
  2. Mullane, K. et al. (1993) Trends Cardiovasc Med 3, 227-34.
  3. Jakobsen, S. N. et al. (2001) J. Biol. Chem. 276, 46912-46916.
  4. Jessen, N. et al. (2003) J. Appl. Physiol. 94, 1373-1379.
  5. Giri, S. et al. (2004) J. Neurosci. 24, 479-487.

使用に関する制限

法的な権限を与えられたCSTの担当者が署名した書面によって別途明示的に合意された場合を除き、 CST、その関連会社または代理店が提供する製品には以下の条件が適用されます。お客様が定める条件でここに定められた条件に含まれるものを超えるもの、 または、ここに定められた条件と異なるものは、法的な権限を与えられたCSTの担当者が別途書面にて受諾した場合を除き、拒絶され、 いかなる効力も効果も有しません。

研究専用 (For Research Use Only) またはこれに類似する表示がされた製品は、 いかなる目的についても FDA または外国もしくは国内のその他の規制機関により承認、認可または許可を受けていません。 お客様は製品を診断もしくは治療目的で使用してはならず、また、製品に表示された内容に違反する方法で使用してはなりません。 CST が販売または使用許諾する製品は、エンドユーザーであるお客様に対し、使途を研究および開発のみに限定して提供されるものです。 診断、予防もしくは治療目的で製品を使用することまたは製品を再販売 (単独であるか他の製品等の一部であるかを問いません) もしくはその他の商業的利用の目的で購入することについては、CST から別途許諾を得る必要があります。 お客様は以下の事項を遵守しなければなりません。(a) CST の製品 (単独であるか他の資材と一緒であるかを問いません) を販売、使用許諾、貸与、寄付もしくはその他の態様で第三者に譲渡したり使用させたりしてはなりません。また、商用の製品を製造するために CST の製品を使用してはなりません。(b) 複製、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、 分解または他の方法により製品の構造または技術を解明しようとしてはなりません。また、 CST の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを開発する目的で CST の製品を使用してはなりません。(c) CST の製品の商標、商号、ロゴ、特許または著作権に関する通知または表示を除去したり改変したりしてはなりません。(d) CST の製品をCST 製品販売条件(CST’s Product Terms of Sale) および該当する書面のみに従って使用しなければなりません。(e) CST の製品に関連してお客様が使用する第三者の製品またはサービスに関する使用許諾条件、 サービス提供条件またはこれに類する合意事項を遵守しなければなりません。

For Research Use Only. Not For Use In Diagnostic Procedures.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
To Purchase # 9944P
Product # Size Price Inventory
9944P
25 mg